« パイパイ生活 | 最初に戻る | 離乳? »

レントゲン

秋の始め頃、子リスにBCGの予防注射を受けさせるため、市の保健センターに行きました。無事終わって帰ろうとしたら、出口のそばにレントゲンバスが来ていて、保健センターの人に「最近、また結核が流行り出してるんですよ。お母さん、時間があったらレントゲン撮って行きませんか?」と言われました。「じゃあ」と子リスをセンターの人に預け、私は軽い気持ちでレントゲン車に乗りました。
そしてそんなことはすっかり忘れていた数週間後、「再検査」の通知が。その後病院での精密検査の結果、結核ではなく、肺と肋骨の間に「胸壁腫瘍」というものが出来ているということがわかりました。悪性である可能性は低いけれど、過去のレントゲンと見比べてみると大きくなっているから、肺を圧迫していくかもしれない。手術して切除しましょう、ということでした。そこの病院では、「脇の下から左胸の下にかけて15センチほど切ることになります。」ついては、「まだ母乳を続けているようですが、すぐにやめてください」と言われました。さあ大変。