ã‚Ēãƒžã‚ąđŸ˜Šã€€å…Ĩé™ĸ中ぎ思いå‡ē

そぎīŧ‘īŧšâ€éŖŸãšãŸã„もぎãƒĒ゚ト”

 æ‚Ēé˜ģãĢはいろいろãĒã‚ŋã‚¤ãƒ—ãŒã‚ã‚‹ã¨ã¯čžã„ãĻいぞしたが、äģŠå›žãŽį§ãŽã¤ã‚ã‚Šã¯ã€ã€ŒéŖŸãšãŸã„もぎはæ˛ĸåąąã‚ã‚‹ãŽãĢ、éŖŸãšã‚‰ã‚ŒãĒい」型でした。䞋えば、å¤Ģと子ãƒĒ゚がãƒŦトãƒĢトã‚ĢãƒŦãƒŧを渊めãĻいるぎをčĻ‹ã‚Œã°ã€ã€Œã‚ĢãƒŦãƒŧナイ゚īŧįžŽå‘ŗしそうīŧéŖŸãšãŸã„īŧã€ã¨æ€ã†ãŽãĢ、いざã‚ĢãƒŦãƒŧをį›ŽãŽå‰ãĢすると、全くéŖŸãšã‚‰ã‚ŒãĒいぎです。äŊ•ã¨č¨€ãŖたらよいぎかâ€Ļčƒƒã¨å–‰ãŒéŖŸãšį‰Šã‚’受けäģ˜ã‘ãĒいため、åŖも開かãĒい、といãŖた感じです。
 そぎįŠļ態は、å…Ĩé™ĸしãĻもしばらくぎ間はįļšããžã—た。そこでį§ã¯ã€ã“ぎ「éŖŸãšã‚‰ã‚ŒãĒいぎãĢéŖŸãšãŸã„ã‚‚ãŽã¯ã‚ã‚‹ã€ã¨ã„ã†ãƒ•ã‚ˇã‚ŽãĒæŦ˛ã‚’æē€ãŸã™ãŸã‚ã€ã€Œã¤ã‚ã‚ŠãŒįĩ‚わãŖたらéŖŸãšãŸã„もぎãƒĒ゚ト」をäŊœã‚Šã€å¤Ģと子ãƒĒã‚šãĢãƒĄãƒŧãƒĢで送りぞした。

  1. 〇ッテãƒĒã‚ĸぎチãƒŧã‚ēバãƒŧã‚Ŧãƒŧ
  2. ã€‡æˆ¸åą‹ãŽéļéģ’é…ĸあんかけ
  3. 〇ãƒŧテã‚Ŗãƒŧワãƒŗぎã‚ĸイ゚クãƒĒãƒŧム
  4. 不〇åŽļãŽã„ãĄã”ãƒ‘ãƒ•ã‚§
  5. į´čą†ã”éŖ¯
  6. バã‚ŋãƒŧトãƒŧ゚ト
  7. すきį„ŧき
  8. į„ŧ肉

â€ĻといãŖãŸå…ˇåˆã§ã™ã€‚éŖŸãšãŸã„もぎは20個ぐらいありぞした。そしãĻ退é™ĸ垌、つわりは最垌ぞ厌全ãĢはį„ĄããĒらãĒかãŖたもぎぎ、į§ã¯å‡ēį”ŖぞでãĢ、こぎãƒĒ゚トをåˆļčĻ‡ã—たぎでしたīŧ

â‘Ąã€€ãƒã‚¨ãĄã‚ƒã‚“

 å…Ĩé™ĸしãĻ数æ—Ĩ垌、į§ã¯īŧ”äēēéƒ¨åą‹ã‹ã‚‰īŧ’äēēéƒ¨åą‹ãĢį§ģることãĢãĒã‚Šãžã—ãŸã€‚æ–°ã—ã„éƒ¨åą‹ãĢå…Ĩると、éšŖぎベッドãĢは、切čŋĢæ—Šį”Ŗでå…Ĩé™ĸしãĻいるというåĻŠåŠĻさんがいぞした。
 į§ã¯ãžã ä¸€æ—ĨãĢäŊ•åēĻも吐いãĻいたぎで、「そんãĒįŠļ態で、ごčŋˇæƒ‘をお掛けすると思うんですがâ€Ļ」と、新しいãƒĢãƒŧãƒ ãƒĄã‚¤ãƒˆīŧˆīŧŸīŧ‰ãĢ挨æ‹ļをしぞした。するとそぎäēēは、「大丈å¤Ģですīŧį§ã‚‚つわりぎ時、“マãƒŧナイã‚Ēãƒŗ”ぎようãĢ吐いãĻぞしたからīŧã€ã¨č¨€ãŖãĻくれぞした。åŊŧåĨŗãŽåå‰ã¯ã€Œãƒã‚¨ãĄã‚ƒã‚“ã€ã§ã™ã€‚
 į§ã¨åŒã˜ã€īŧ’äēēį›ŽãŽãŠå­ã•ã‚“ぎå‡ēį”Ŗを控えãĻいãĻ、嚴はį§ã‚ˆã‚Šã ã„ãļč‹ĨかãŖãŸã‘ã‚ŒãŠã€čŠąã—ãĻいãĻとãĻもåŋƒåœ°ã‚ˆã„äēēでした。

吐き気ぎピãƒŧã‚¯ã‚’éŽãŽãŸé ƒã‹ã‚‰ã€ãƒã‚¨ãĄã‚ƒã‚“ã¨ã„ã‚ã„ã‚ãĒã“ã¨ã‚’čŠąã™ã‚ˆã†ãĢãĒりぞした。きãŖã‹ã‘ã¯ã‚„ã¯ã‚Šã€ã¤ã‚ã‚ŠãŽčŠąã§ã™ã€‚

「『マãƒŧナイã‚ĒãƒŗぎようãĢ吐く』ãŖãĻ言ãŖãĻたでしょ。あれãŖãĻぴãŖãŸã‚ŠãŽčĄ¨įžīŧã€ã€Œã™ã”い力で上がãŖãĻくるよね。」「そうそう。į§ã¯ãƒˆã‚¤ãƒŦぎお手å…Ĩれ斚æŗ•ã‚’æš—č¨˜ã™ã‚‹ãģおåē§ãŖãĻたもんâ€Ļ。」「わかるīŧãƒˆã‚¤ãƒŦはお友達だよね。」â€Ļâ€Ļ
 â€ĻåĻŠåŠĻトãƒŧã‚¯ã€‚ãƒã‚¨ãĄã‚ƒã‚“ãŽãŠįžŠæ¯ã•ã‚“というäēēはもとåŠĻäēēį§‘ぎįœ‹č­ˇå¸Ģさんで、「つわりは嚴ãĒりよ」つぞり、éĢ˜éŊĸå‡ēį”ŖãĢãĒればãĒるãģãŠé…ˇã„ãŽã ã€ã¨č¨€ãŖãĻいたぎだそうです。
 į§ã¯æˇąãį´åž—させられぞした。やãŖãąã‚Šã€‚å­ãƒĒ゚ぎ垌īŧ‘īŧåš´ã‚‚įĩŒãŖãĻいるから、į§ãĢį„Ąį†ãĒ動きをさせぞいとしãĻã€ãŠč…šãŽä¸­ãŽãĄãŗãƒĒ゚が「į„Ąäē‹ãĢį”Ÿãžã‚ŒãŸã„です」というäŋĄåˇã‚’送ãŖãĻいるぎかもしれãĒい、と思いぞした。äŊ•ã‚’隠そうį§ã¯ã“ぎ時、īŧ”īŧ’æ­ŗでしたからīŧ

 æĨŊしいおしゃずりãĢ劊けられãĻ、į§ã¯å›žåžŠã—ã€ãƒã‚¨ãĄã‚ƒã‚“ã‚ˆã‚Šä¸€čļŗ先ãĢ退é™ĸしぞした。そしãĻãƒã‚¨ãĄã‚ƒã‚“ã‚‚ããŽåžŒã€ã„ã‚ã„ã‚å¤§å¤‰ãĒ思いをしãĒがらも、į„Ąäē‹į”ˇãŽå­ã‚’å‡ēį”Ŗしぞした。
ã€€ãƒã‚¨ãĄã‚ƒã‚“ã¯ã€ãĄãŗãƒĒ゚がį”Ÿãžã‚ŒãŸæ™‚、įžŽå‘ŗしいプãƒĒãƒŗを持ãŖãĻおčĻ‹čˆžã„ãĢæĨãĻくれぞした。そぎ垌äŊ•åēĻã‹ãƒĄãƒŧãƒĢã§čŠąã—ãŸã‚Šã—ãžã—ãŸãŒã€ããŽåžŒãŠäē’いãĢåŋ™ã—くãĒり、į–Žé ãĢãĒãŖãĻしぞいぞした。
 でも、夜中ãĢ同じ夊äē•ã‚’čĻ‹ä¸Šã’ãĒがら、小åŖ°ã§čĒžã‚ŠåˆãŖた夜ぎことはåŋ˜ã‚‰ã‚Œã‚Œãžã›ã‚“ã€‚å­č‚˛ãĻぎこと、éŖŸãšį‰ŠãŽã“と、åŽļ族ぎこと、č‡Ē分とčĻĒぎé–ĸäŋ‚ãĢついãĻ、į­‰ã€…ã€‚å…ąé€šį‚šã‚‚å¤šãã€čŠąéĄŒã¯å°Ŋきぞせんでした。

 そぎ思いå‡ēã¯ä¸æ€č­°ãĢč–„ã‚ŒãĒくãĻ、åŽļæ—ã‚’åˇĄã‚‹æ—Ĩã€…ãŽč‰˛ã€…ãĒå ´éĸã§č˜‡ãŖãĻæĨãžã™ã€‚ã€Œãƒã‚¨ãĄã‚ƒã‚“ãŒã“ã†č¨€ãŖãĻたãĒã‚ã€‚ã€ã€Œãƒã‚¨ãĄã‚ƒã‚“ã‚‚ã€ã“ã‚“ãĒ時ãĢ頑åŧĩãŖãĻるんだろうãĒあ」â€Ļ。
ã€€ãƒã‚¨ãĄã‚ƒã‚“ã¨ãŽå‡ēäŧšã„ぎようãĢ、äēēį”ŸãŽä¸­ãŽä¸€æ™‚だけ時間やįŠēé–“ã‚’å…ąãĢしたäēēが、そぎ垌ぎč‡Ē分ãĢ時々寄りæˇģãŖãĻくれるもぎを掋しãĻčĄŒãã“ã¨ãŒã‚ã‚Šãžã™ã€‚
ã€€ãĄã‚‡ãŖとすれ違ãŖただけãĒぎãĢ、åŋ˜ã‚Œã‚‰ã‚ŒãĒいäēēãŒã„ãžã™ã€‚ãĄã‚‡ãŖとäē¤ã‚ã—ãŸč¨€č‘‰ãŒã€äēēį”ŸãŽå˛čˇ¯ãĢ蘇ãŖãĻæĨることもありぞす。

 「į¸ã€ã¨ã¯ãšãŖとįļšãé–ĸäŋ‚ã ã‘ã‚’č¨€ã†ãŽã§ã¯ãĒい、と感じるįĩŒé¨“が、これぞでãĢäŊ•åēĻã‹ã‚ã‚Šãžã—ãŸã€‚é•ˇãé–ĸわりあうäēēãŸãĄã‚‚ã„ã‚‹ä¸­ã§ã€ãģんぎ数æ—Ĩã€ã‚‚ã—ã‹ã—ãŸã‚‰æ•°æ™‚é–“ã‚’å…ąæœ‰ã—ãŸäēē達も、äģŠãŽč‡Ē分をäŊœãŖãĻくれãĻいるぎだろうと思ãŖãĻいぞす。そしãĻ、もしかしたらč‡Ē分もおこかで、čĒ°ã‹ãŽåŋƒãĢäŊ•ã‹ã‚’掋しãĻいることもあるかもしれぞせん。åļį„ļ写įœŸãĢ写ãŖãĻしぞãŖただけかもしれãĒいし、æƒŗ像もつかãĒいようãĒåŊąéŸŋã‚’ä¸ŽãˆãŸã“ã¨ã‚‚ã€ã˛ã‚‡ãŖとするとあるかもしれぞせん。
ã€€ãŠãĄã‚‰ãĢしãĻも、それはとãĻもæĨŊしいæƒŗ像です。

ã‚ŗãƒĄãƒŗトを掋す

ãƒĄãƒŧãƒĢã‚ĸドãƒŦ゚がå…Ŧ開されることはありぞせん。

CAPTCHA